看護部

看護部教育体制

看護部教育システム

自己成長と倫理的配慮のできる倫理的感性の高い職員作りを積極的に行っております。その一部をご紹介します。

教育理念

  • 1)看護部の理念に沿って、優しさと倫理的感性の高いひととして成長・専門職としての自覚と責任感のある看護要員を育成する。
  • 2)学びと実践からやりがい達成感をもてるようになる。

教育目標

  • 1)外旭川病院の職員としての自覚を持ち倫理的行動ができる。
  • 2)医療チームの一員であることを認識し責任ある行動ができる。
  • 3)患者さんやご家族の気持ちを察しホスピタリティ精神で患者中心の看護・介護サービスが提供できる。
  • 4)患者さんの個別性を尊重し、専門知識で安全安楽な看護・介護サービスを提供できる。

教育支援体制

  • 個別指導で優しい支援体制
    • (1)新卒採用者にはプリセプター制度
    • (2)中途採用者には指導者をつける
  • クリニカルラダー
    • 看護・介護のクリニカルラダーを導入
    • 看護職責者のマネジメントラダー(令和2年度より導入)
    • 教育はラダーに沿った年間教育計画で具体的にして実施。
    • ホスピス研修、ELNEC-J看護師教育プログラムも入っている。
  • eラーニング導入
  • OJT、Off-JT、院外研修、Peer review発表会、看護研究支援と学会発表(介護も含み4~5演題)など積極的参加
  • 認定等資格:
    認知症認定看護師(1名)、認知症ケア専門士(5名)、緩和ケア認定看護師(2名)、ELNEC-Jインストラクター(2名)、感染管理認定看護師(1名)